スターウォーズとのコラボ戦略が多すぎます。ANA B787、南海鉄道 ラピート、Googleまで。

Photo by Brussels Airport 

「さらに「a long time ago in a galaxy far far away」で検索してみよう。」

…とタイトルを続けて、このページは2015年11月24日にオープンしました。

スターウォーズの公開まで、1ヶ月を切って事前の盛り上がりが頂点に達した頃です。

エヴァンゲリオンのマーケティングと同様に、作品がブランド化してしまうと、それに載っかったマーケティングは確実性が出てきます。

それも際限がないと思えるほどに。

まさに箍が外れた状態だと思えるほどに。

エヴァンゲリオンと石原さとみは同等の販促効果?
「エヴァンゲリオンと石原さとみは同等の販促効果?」 このタイトルでブログを書いたのは2015年9月...

こういったマーケティング戦略がどれくらい広がったのか。記録の意味でも当時の状態でこのページを残します。

サービスは既に終了しているものもありますし、リンクが外れている箇所がありますが、ご了承下さい。

スポンサーリンク

ANA B787

先日(2015.11.9)、「ANA STAR WARSプロジェクト」を紹介しました。

特設サイトがすごい。ANA STAR WARSプロジェクト! R2-D2仕様のANA B787が圧巻です。
Photo by Brussels Airport  昨日、エヴァ仕様の500系新幹線を取り上げま...

その時点ではR2-D2カラーのみでしたが、ついにBB-8カラーのジェットも登場しているようです。

Youtubeで以下の様なムービー見つけました。
テーマ音楽があるだけで迫力出ますね。

YouTube:ANAGlobalCH

YouTube:ANAGlobalCH

南海鉄道 ラピート

出典:南海鉄道(nankai.co.jp)

南海鉄道のラピートも黒塗りになってました。
内装もスターウォーズバージョンになってます。
もともとラピートの形はダース・ベイダーに似ていますね。

Google

googleは「内なるフォースの覚醒」というサイトを立ち上げました。

出典:内なるフォースの覚醒 ※以下の画像も同一アドレスからの出典です。(google.com)

ライトサイドかダークサイドを選ぶとgoogleのアプリがスターウォーズバージョンに変わります。

ライトサイドを選んだGmail

ダークサイドを選んだGmail

元に戻したくなったら

www.google.com/starwars/にアクセスして「サイドを変更」をクリック

選択画面に戻りますので、選択したサイドにあるアバターをドラッグして中央に戻します。

元に戻すにはを選んだサイドにあるアバターを真ん中ドラッグします。
中央に「既定に戻す」ボタンがあらわれますので、クリックすればOK。

「a long time ago in a galaxy far far away」で検索してみよう

さらに「a long time ago in a galaxy far far away」でgoogle検索すると仕掛けが!

参照 グーグルで「あの言葉」を検索すると、結果が映画「スター・ウォーズ」に(gizmodo.jp)

まとめ

どうでしたか?

スターウォーズ完結作「スカイウォーカーの夜明け」公開時には、盛り上がりが少ししぼんだ感じがしました。

最初の3部作が公開されて感動した世代は50〜60代になって、新しいスターウォーズが想像と違ってしまったり、思い入れのある登場人物が死んでしまったり…と吸引力が徐々に削がれてしまったのかもしれません。

完結編の3部作は新しいファン層をどれくらい獲得出来たでしょうか?

それが次に繫がるコラボレーション戦略の鍵だと思います。

果たして「最初のエピソードのストレートな続編」というほどのインパクトのある作品は生まれるのでしょうか?

by T.Y.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク