Mac OS X Mountain Lionで使えなくなった最新版のパラレルズ(Parallels Desktop 11 for Mac)が悲しい。

私は、Windowsが嫌いです。
でも、仕事ではユーザーの多いWindowsの環境がどうしても必要になります。
そんな時、Mac上でWindowsを使える仮想PCソフトウェアは便利です。
私は2005年から、ずっとParallels Desktopをアップグレードしてきたのですが…

スポンサーリンク

私のMacProはMac OS X Mountain Lionです。

Mac OSがMountain Lionになるまでは必ず発表された直後にアップグレードしてきました。
しかし、Mac OS X 10.9 Mavericksのインタフェースを見たとき、あまりにもチャチな印象を受けたので、アップグレードを思いとどまりました。

そうしている内にすでにMac OS X 10.10 Yosemite(ヨセミテ)が出てしまっています。

私のデザイン仲間にはヨセミテを使っている人もいるので、仕事に支障はないのでしょうが、どうしてもインタフェースに馴染めません。

色がポップなのや、アイコンが平たいのがどうも…

最近のはやりはフラットデザインなのですが、デザインするのと使うのでは大違いです。

Parallels Desktop 11がインストール出来ない!

この間、Parallels Desktopの最新版が発表されたので、いつもの様にネットで購入ダウンロードしてインストールしようとしたのですが…

インストーラーに斜線が入っていました。
なんてことでしょう、Parallels Desktop 11はMac OS X 10.9 Mavericks以降じゃないと使えなかったんです。

仕方がないので、仕事に使っていないMacにインストール。
やっぱり、仕事で最新のParallels Desktopを使いたいです〜。

もうMountain Lionは古いのかな?

もうMountain Lionも潮時でしょうか?

仕事が立て込んでいるときはOS変えたくないし、悩んでしまいますね。

photoshopやillustratorの操作性が変わると仕事ができなくなっちゃいますし、バックアップもめんどくさい。
Parallels Desktop 11は諦めるしかなさそうです。

もう少しこのままMountain Lionで行ってみます。

悩みつつ、今日はこのへんで。

by T.Y.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする