アンビルトの女王:ザハ・ハディドさんの惜しまれる死

Photo by Jordi Payà Canals 

新国立競技場のコンペで日本国民で知らない人はいない存在となったザハ・ハディド氏。
彼女は2016年3月、65歳で突然亡くなってしまいました。

日本でのイメージは、ひょっとするとマイナスイメージの方が強いかもしれませんが、ザハ・ハディドさんの建築デザインは未来を予感させる素晴らしいものでした。

スポンサーリンク

ザハ・ハディドの代表建築

Serpentine Sackler Gallery

Photo by Jose Mesa 

Vitra Fire Station

Photo by Frank Malawski 

London Aquatics Centre

Photo by Martin Pettitt 

Riverside Museum

Photo by jacbgla 

zaragoza expo pavilion

Photo by Jordi Payà Canals 

ザハ・ハディド=アンビルトの女王

以上のようにザハ・ハディドさんの建築物は近未来的でいずれも美しいです。

世間では建築が難しいデザイン建築を構想することから「アンビルトの女王」と呼ばれたらしいですが、実際に建築された建物も多数残っています。
お金をかけないといいものは出来ないということではないでしょうか?

死因は心筋梗塞のようです。
まだまだ、素晴らしい建築物を実現させてくれたはずだと思うと惜しまれます。

日本の新国立競技場もザハ・ハディドさんのデザインで完成されたものを見たかったですね。

by T.Y.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク