Googleデジタルワークショップの「デジタル マーケティングの基礎」認定証で氏名が逆になってしまったら…講座の進め方と注意事項

Googleデジタルワークショップの「デジタル マーケティングの基礎」の認定証を取得してみました。

弊社ではWEBマーケティングやコンテンツマーケティングに力を入れているのですが、そんな私が基礎的な認定証も取っていないのでは、ビジネス姿勢として問題があるのでは…と常々思っていました。

そんなことで、大変真面目に最初から最後まで、Googleデジタルワークショップの「デジタル マーケティングの基礎」を受講いたしました。

受講してみて遭遇したトラブルや、注意すべきと思ったことがありましたので、このページにまとめておきます。

……

本当に久しぶりのブログ記事です。
なんと2年ブランクが空きました。
今後は無理ないスケジュールで少しずつ続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

Googleデジタルワークショップ

Googleはデジタルスキルをオンラインで学ぶことができるワークショップを公開しています。

現在、無料で学べる講座が以下の15コース。

  • デジタル マーケティングの基礎
  • ビジネスをオンラインで展開
  • オンラインで自身のビジネスを見つけてもらう
  • オンライン広告でビジネスを宣伝
  • ビジネスを他国に拡大
  • モバイルを通じてユーザーと繋がる
  • コンテンツを通してビジネスを宣伝
  • 顧客のニーズとオンラインでの顧客の行動を把握
  • セルフ プロモーションで自信をつける
  • キャリアアップに役立つスキル
  • プログラミングの基礎
  • 仕事の生産性の向上
  • 機械学習の基礎
  • オンライン ビジネスのセキュリティの向上
  • デジタル ウェルビーイングの基礎

参照:https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp/courses

どのコースもビジネスマンとして、おさえておきたい内容ばかりです。

この内容ならば、新入社員研修で使うのには持って来いなのではないでしょうか?

このラインナップのうち、最大のモジュール数で、唯一認定証を取得できるコースが「デジタル マーケティングの基礎」です。

このコースを習得していれば、履歴書に記載することもできます。

参照 Googleデジタルワークショップ(learndigital.withgoogle.com)

デジタル マーケティングの基礎

まず「デジタル マーケティングの基礎」がどんなコースか簡単に紹介しておきます。

コース紹介

26モジュール(章)、標準受講時間:40時間のコースです。

講座の構成は以下。

  • ビジネスをオンラインで展開(4モジュール)
  • ウェブ上でビジネスを簡単に見つけてもらえるようにする(5モジュール)
  • ソーシャル メディアやモバイルで、周辺地域のより多くの人々にリーチ(7モジュール)
  • 広告掲載でより多くの顧客にリーチ(4モジュール)
  • ウェブのトラフィックを測定、評価(3モジュール)
  • 商品やサービスをオンラインで販売(2モジュール)
  • ビジネスをグローバルに展開(1モジュール)

参照:https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp/course/digital-marketing

受講してみてかなり幅広い内容だと思いました。

SEO、検索連動型広告、実店舗とインターネット、ソーシャルメディアの活用、コンテンツマーケティングの実施、メールマガジンの活用、ディスプレイ広告、動画マーケティング、サイトの分析方法、eコマースの構築、海外展開

といった内容で基礎的なことが習得できます。

こんな方に最適

前述した新入社員の方だけでなく、企業のマーケティング担当様や経営者様にも、ぜひ受講していただきたい内容です。

基礎的ですが、新しい気づきもあると思います。

講座の進め方の注意

モジュールは細かい単元に別れていて、それぞれビデオ講座が用意されています。
ビデオを見終わると「理解度チェック」問題があり、モジュール毎に「章末問題」が用意されています。

それぞれ問題をクリアすると次の単元やモジュールに移動できます。

ビデオや「理解度チェック」は何度でも見ることができます。
しかし、章末問題は次のモジュールに進んでしまうと再確認することが出来ません。

理解を深めたり、復習したい場合は、プリントアウトしておくとよいでしょう。

最終試験と認定証ダウンロードの注意

26個のモジュールをクリアすれば、最終試験が受けられます。

最終試験は40問。選択問題です。
80%以上正解できれば合格です。

すぐに認定証がダウンロード可能になります。

なお、この最終試験の答えを確認する方法がありませんでした。

認定証のダウンロードがエラーに

最終試験をクリアすると、以下のボタンが表示されます。

この「認定証をダウンロード」を押せば認定証がダウンロード出来ると思いますよね。

ところが、このボタンを押すとブラウザーにエラーが表示されダウンロード出来ないのです。

驚きました。
せっかく試験を受けたのに、水の泡になったかと思いました。

しかし、心配いりません。

「オンラインコース」→「デジタル マーケティングの基礎」に進めばコースの進行状況が100%となっており、「認定証をダウンロード」ボタンが表示されています。

このボタンでダウンロードできます。

認定証の氏名が逆になってしまった

ダウンロードボタンを押すと氏名の入力を促されます。

間違えないよう入力しましょう。

そして、ダウンロードした認定証が以下です。

※認証IDは念のため消してあります。

しっかりと確認して「姓名」を入れたはずなのに、認定証に表記された氏名が逆になってしまいました。

「姓名」は変更出来ます。

Googleデジタルワークショップにログインし、「もっと見る」→「設定」から姓名を変更出来ます。

この画面で姓名を正しく入力します。

※認証IDは念のため消してあります。

もう一度ダウンロードすればOKです。

ただし、氏名の変更は記録されますので、別人を設定しても意味がありません。

改善して欲しい点

章末問題は全問正解にならないと次へ進めませんので、理解促進には問題無いのでしょうが、もう一度表示出来るようにして欲しいです。

また、最終問題の答え合わせが出来ないともったないと思いました。

このあたりは改善して欲しいです。

最後に

予想外のことも起こりましたが、無事一発合格できました。

最終試験で失敗するとどうなるんでしょうね。

ちょっと試してみたい気もします。

……

後になって分かったのですが、動画を見なかったり、単元をスキップすることも出来るみたいです。

最初によくあるご質問を確認してみましょう。

参照 よくあるご質問(learndigital.withgoogle.com)

by T.Y.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク