WordPress WordPressテーマTCD

WordPressテーマTCD「UNIQUE」(tcd044)はデバッグモードをONにするとウィジェットの登録部分から警告が出ます。

投稿日:

WordPressにはデバッグモードがあります。

WordPressサイトの開発中はデバッグモードをONにすることが推奨されています。

試しに当社のサイトをデバッグモードにして見たところ警告が出てしまいました。

スポンサーリンク

WordPressのデバッグモードをONにする

WordPressのデバッグモードは「wp-config.php」を修正することでONになります。

以下の行を見つけて下さい。

私の場合は84行目にありました。

define('WP_DEBUG', false);

これを

define('WP_DEBUG', true);

に変更しアップロードします。

WordPressテーマTCD「UNIQUE」の警告

WordPressをデバッグモードにすると、当社のホームページは以下のようにたくさんの警告が表示されてしまいました。

ホームページのレイアウトも崩れて真っ白になっています。

Deprecated: Function create_function() is deprecated in/home/slashd.com/public_html/○○○○○/themes/unique_tcd044/widget/ad.php on line 116

という警告の羅列です。
テーマ「unique」の全てのウィジェットから警告が出ています

以下の部分です。

私はこのようなウィジェット登録を初めて見ました。

WordPress CodexでウイジェットAPIを見てみると、この登録はPHP 5.2+の形式となっています。

WordPress ウィジェット API - WordPress Codex 日本語版
WordPress ウィジェット API - WordPress Codex 日本語版

続きを見る

PHP 5.3+以上は

と記述しなければなりません。

当方の環境はPHP7.2.6なので警告が出ているのです。

このままでは少々気持ちが悪いので、登録部分を以下のように修正しました。

 

子テーマ用のウィジェットも追加しました。
ウイジェットIDと関数名がダブらないように修正しています。

WordPressテーマTCD「UNIQUE」のアップデートは遅い

「UNIQUE」のウイジェットには他にも問題があります。
Googleカスタム検索が「https://」に対応していません。

これを機にそれも修正して、子テーマに読み込ませます。

子テーマのfunctions.phpに以下を追加しました。

そもそも親テーマの「widget」も入れ替えなければならなかったのであまり意味がないですが…

……

このような警告が出てしまうのは「UNIQUE」の設計が古いということだと思います。

他にもページ名称に英語を入れると日本語に変換されてしまうという些細な不良があったので、制作元に修正依頼を提出しましたが、次回バージョンアップで対応と返事があって、もう1年になろうとしています。

WordPressテーマTCDは対応が遅いと言わざるを得ません。

昨年アップデートをしておきながら、PHP 5.2+対応のコードが残っているのも不思議です。
このような事ではWordPressのデバッグモードも使っているかどうか疑われます。

本当はテーマを変えてしまいたいのですが、ポートフォリオはまずまずなので、なかなか変えられないでいます。

by T.Y.

-WordPress, WordPressテーマTCD

Copyright© Slashd inc. BLOG , 2019 All Rights Reserved.