グラフィックデザインソフト‎の定番「Adobe Illustrator」を独学で習得する最初の一歩

HP制作が多い私のデザインワークで、なくてはならないソフトウェアはAdobe Illustratorです。

現在のHP制作ツールはAdobe Photoshopが主流のようです。
しかし私の場合デザインワークは全てIllustratorで行っています。

フリーランスに取ってはスピードが大事。
そのためPhotoshopを使うよりはIllustratorの方が絶対に速いと思っています。

Adobe Illustratorは取っつきにくいとよく耳にすることがあります。
これはベジェ曲線の扱いによるものだと思います。
その、使い方をクリアしてしまえば、Adobe Illustratorほど使いやすいツールはありません。

私がAdobe Illustratorを初めて使ったのは、まだシステム業界にいた時のことで、ほぼ独学でした。
その際、いかにしてAdobe Illustratorを習得したか?
初心者の方の参考のためにも、思い出してみることにします。

スポンサーリンク

私がAdobe Illustratorで最初に行ったこと

やはり、ベジェ曲線に慣れるということが最初の課題になります。

ここを乗り越えるために行ったことは、ロゴのトレース作業です。
企業のマークは直線的なものばかりではありません。
しかし、マークがデータ化されていないと網掛けも使えませんので、マークのイラストレータデータがデザインでは必須です。

Adobe Illustratorの習得には、ロゴマークのトレース作業が一番良い方法です。

私は、お客様の名刺等をスキャンし、幾つものマークをIllustratorでトレースしました。
まったくの下積み作業ですが、この作業がAdobe Illustratorを習得するためには不可欠です。

作業の効率化

ベジェ曲線になれると次は作業効率のアップです。

ほとんどシロウトに近い私が、最初に行った仕事は、印刷所から版下作業を請け負うことでっした。
当然、Illustratorでの作業です。

簡単な表組みから始まって、文字組等もIllustratorデータでアウトプットして行きます。

版下作業こそスピードと正確さが必要なのですが、私の周りにはIllustratorを教えてくれる人がいませんでした。

ある日、印刷所に打ち合わせに行って、印刷所のオペレーターがIllustratorを使うのを見学する機会に恵まれました。
その、作業を見たとき本当に驚きでした。

目にもとまらぬ作業なのです。
線や図形があっという間に複製されて等間隔に並んでいきます。
まるで、魔法を見たような気分を味わいました。

スピードアップのための3つの基本

秘密はショートカットとキー設定でした。

以下は私が基本だと考える3つの基本操作です。
これだけ覚えればIllustratorを自在に操るのはそう遠いことではありません。

command+D

オブジェクトを選択しショートカットを使うことで作業を反復することができます。

拡大・縮小ツールを選択して、optionを押しながら、デザインフィールドをクリック

オブジェクトの拡大・縮小で、配置バランスを変えるために必要なノウハウです。

拡大縮小ツールを選択してoputionキーを押しながらフィールドをクリックします。
すると、以下の拡大・縮小ダイアログが表示されます。

ここで数値入力すれば素早い拡大・縮小が可能です。

環境設定のキー入力

正確にオブジェクトを並べるために必要なノウハウです。

環境設定の「キー入力」に数値を入力します。

「カーソルキー(上下左右の▲)」を押すことで、ここで入力した数値分オブジェクトを移動させることができます。
例えば20ptの間隔でオブジェクトを並べるとすると、以下の様な手順になります。

  1. オブジェクトを選択
  2. command+Fでオブジェクトを同位置の上にコピー
  3. コピーしたオブジェクトを選択したまま下カーソルキーを押す

この手順で同じオブジェクトを縦に20ptの等間隔で並べることができます。

このページで書いたことは、本当に大きなことではありません。

しかし、私がここに書いたことを知ってからは格段のIllustratorを扱いが速くなったという事実があります。

おそらく基本中の基本がここにあるからだと思うのです。

以上、自分でAdobe Illustratorを学びたい方のちょっとしたお手伝いになれば幸いです。

では、また。

by T.Y.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする